2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八回湘南CS2位報告

いつもの報告系記事。

もう先週のことですが第八回湘南CSに行ってきました、しかし間にスターターデッキが発売してすでに旬を逃した感じしかしないんですが
勝った時くらいは書かないと本当に更新しなくなるので。

https://twitter.com/Token_zx/status/744867705975541761

【16弾】赤白黒t青卓球レベルコントロール
4 x 噴進職人ロケッタ
4 x アルバイト中のフィエリテ
4 x 猛撃の勇角エイクスニール
4 x イヴィルベイン エミクス
4 x 封印の魔人シジールマ
4 x イル・ラク・サアル
2 x イル・イムマル
1 x 洗脳機械ブレインウォッシュ
3 x お花見を欠かさないミケ
4 x 聖獣オーラグラーネ
4 x プロプレイヤー キューダ
2 x 十二使徒 双魚宮バキエル
4 x 打ち返すレシーブ
1 x 黄金騎士マリー・アントワネット
2 x 手腕のプルーエス
3 x 勇者巨神ダームスタチウム
1 x 天王寺飛鳥
3 x 吹き抜ける『高潔』スド
1 x 輝ける『僥倖』イナンナ
4 x 厳粛なる『裁決』アヌ
2 x 澄み渡る『王威』マルドゥク

予選
青緑t黒ダブルリンク御前○
赤白黒卓球レベル○
赤黒青サイクロレベル○
ミラー○
赤青黒ラスダンレベル✖︎
赤青白黒レベルコン○
5-1
決勝 赤青黒サイクロレベル○
青緑t黒ダブルリンク御前○
赤青黒ラスダンレベル✖︎ 2-1


マッチング的には環境トップのレベルビート4回と増えてきた卓球レベル系4回と環境読み勝ちって感じでした。

デッキ相性
有利 赤青黒サイクロレベル 赤白黒卓球レベル 赤青白レベル
五分 赤青黒ダンスレベル
不利 青緑t黒ダブルリンク御前 青緑系ランプ


スターターが出た今だと
メイン
out.
ダムスタ1
マリー1
花ミケ1
in.スターターフィエリテ3
エクストラ
out.スド
in.ルルで使っています。
レベルビートに対しては特に強いのでレベルビート嫌いな方は難しいですが是非使ってみて下さい。

綾瀬杯&ズィーガー杯使用デッキ【アサコ御膳】


https://twitter.com/Token_zx/status/726712942608019457
GWの綾瀬杯とズィーガー杯の連戦、チームの助けもあって優勝準優勝と連続して入賞することが出来ました。
個人成績は6-3、4-4とチームの噛み合いが無ければ入賞すら怪しい戦績ですが;;

デッキの動きは定番のアサコクロウ&ラビリのアドバンテージエンジンに加えイシュタルのリソースブーストにより相手より多くのカードをプレイしていくのが狙いです。

序盤はパンツァーフォーミュラジュバやスノーシューターベラトリクスTypeⅥなどでバウンスしながら相手の攻撃を凌ぎ、中盤リソースが7溜まったタイミングでイシュタルを降臨させることができれば後は相手とのアドバンテージ差をどんどん離して行って最後は作人機械ドリリング2枚での連続パンチで一気に相手のライフを詰める感じです。

綾瀬杯の時点ではサイクロペルツと猫は確実にチーム内に居ることが予想されたのでサイクロペルツのクロススピア&ガントレットに強く、イシュタルやウェアクロウの助けで簡単にパワーが上がる月下香を二枚採用、予想道理この2デッキを使っているチームは多くこの選択は成功でした。

しかし予想外のデッキも多く存在していて、その中の一つに蜂ESがありました。
このデッキはイシュタルを出すターンにどうしても隙ができてしまい、蜂ESはその隙を突くことを得意としています。
そこで翌々日のズィーガー杯ではグラディアトールの移動によって序盤から面を埋めてライフを守ったり、序盤あまり役に立たない月下香を減らして蜂ESに代表される早いデッキを対策しました。

が、しかし結局当日8回戦(+綾瀬杯の9回戦)全部思い返しても一度も蜂ESに当たることはありませんでしたとさ、ちゃんちゃん



しばらくは全国予選が各店舗で開催されているので権利獲得を目標にいろいろ店舗を回って行こうと思いますー

【ゼクス】15弾環境にインパクトを与えたカード達、黒緑、各リソースリンク編

前回の続きから、

《黒》

怠惰の使者ファオルペルツ
B15-063-00_m.png

15弾2番手のぶっ壊れカード(1番はカダブ)
先手後手問わず確定でテンポとカードのアドバンテージを取りつつ軽いコストなのでアリスなどのサポートを受けやすく、早い段階からテンポを取ってしまいます。
このカードの登場で幽囚ソリトゥスからルートヴィヒやヴァースキを出すタイプの遅いデッキは環境的にもかなりつらい位置になってしまいました。



八大竜王和修吉
B15-093-00_m.png

前回のフリーカードから強さは周知の物でしたがファオルペルツの登場により少し使いづらくはなりました。
15弾の早い環境では起動が遅いというのも相まってあまり見ないカードになりました。
14弾+フリーカード環境では嫌と言うほど見たので(ズィーガー杯7回戦全部白黒緑系に当たりました、、、)もう十分活躍したんじゃないでしょうか。

樹上の円月檜扇
B15-084-00_m.png
クロエなどの紅葉狩りを使うデッキにとっては行動数を稼ぎながらテンポのロスを減らす良カード。
緑系コントロールが下火なこともあり、現状使われるのはほとんどコンボデッキですが、今後環境が変わってくると緑系の遅いデッキも使われてくると思うので持っておきたいカードです。

《リソースリンク》
今回のリソースリンクは使おうとするとリンクが揃わないと弱いデッキになりがちです。
単体では弱いがリンクとの相性が良いからとシナジーカードを多く積んでしまうと事故の原因になるので普通のデッキよりドローや手札調整を多めに取って安定感を上げた方が良いと思います。
それを踏まえた上で、リソースリンクの紹介。

クリードガネットモーエ
B15-012-00_m.png
B15-034-00_m.png
ガネットモーエは揃うとビートダウン同士の殴り合いにかなり強くなります。
ガーネットの効果は1ターンに何度でも使えるのでマスプロトロンで何度も起こしたり、殴った後のカードをアビッソの要領で割って行くことで連続攻撃に使ったり、相手ターンでも使えるので前に出したカードで守りに行けたりと、見た目以上に使ってみると選択肢が多く難しいですが使いこなせればかなり強力な効果になります。
モーエの方が重なってもあまり意味ない効果ですが、オフを満喫するタルティニや奏者ヴェルテなどの移動で発動する効果を沢山使えたりするのでデッキを組む際には何枚かこういったカードを入れてみて良いかも。
B02-028-00_m.pngP12-010-00_m.png

セリウムプロングホーン
B15-036-00_m.png
B15-091-00_m.png
今回最も人気の高いリソースリンクで、各地のプレ全国予選や公認大会でも必ず見かけるほど、
理由としては分かりやすく強い、コツを掴めばプレイも簡単といった所でしょうか。
ただし、揃ってもアドバンテージに繋がらないのでリンク以外の面で補わなければいけません、その点で勇者巨神ダームスタチウムは最高の相方です。

短所はやはり、揃わなかったときの弱さ、序盤6リソに行くまでの脆さにあると思います。
例えリンクが揃っても序盤にライフを詰められて受けに回ってしまってはレンジの意味も無くなってしまうので他のカードで序盤の弱さを補う必要があります。

ピエニードローン
&シャーロット
B15-087-00_m.png
B15-074-00_m.png
綾瀬杯でも雷炎の守護者アテナと組み合わせた赤黒緑デッキをよく見ました。
プレ全国予選でも結果を出していたり。魅力はやはりピエニードローン+雷炎アテナのコンボ
最速で決まれば6リソースから11リソースへのジャンプアップを可能にします。
シャーロットも溜めたリソースを余らせない優秀なハンデスです。
このリンクも序盤かなり厳しい印象です、黒にはスケルタルアルケミストや、雷炎アテナ自身がなかなか固めなのでそこで何とか耐えましょう。

キューダ&レシーブ
B15-050-00_m.png
B15-072-00_m.png
和修吉と同じフリーカード出身なのであまり新しい感じしないですねw
クロエに使われたり、卓球マーメイド、コングールESだったり、特に15弾からの新しい使い方はまだ生まれてなさそうです。




駆け足で15弾のカード紹介的な奴でした。
デッキ紹介&解説はもうやってくれたので特にやることが無くなってしまった。
今回のチームでの調整の過程とか環境のデッキ解説とか気が向いたらやろうと思いますー、それでは。

【ゼクス】15弾環境にインパクトを与えたカード達、赤青白編

今回は環境考察系の記事やデッキ紹介をする前に、15弾で追加されたカードやその影響で評価が見直されたカードについて一度確認しようと言う記事の赤青白編です、黒緑とリソースリンクについては次回やろうと思います。




暁十天カリード・カダブ
B15-004-00_m.png

さっそく今回の目玉SR、ゼロオプティマ3と言う制約ですが中速以降のデッキにとっては関係なく使える能力です。
一見【赤黒ティラノ】や【マスプロES】の強化に見えますがES速攻系のデッキはIG持ちよりもESを先にリソースに置くことが多く、ZO3を達成し辛いので採用されませんでした。
このカードの登場により盤面を取りに行くアセソリ系もより厳しい位置にあると思います。
ES系以外の赤いデッキなら100%採用されても良いカードで、これからのゼクスを象徴するカードです。

報復の大獅子ウルガルルム

B15-013-00_m.png

こちらもカダブと同じくPSにも飛ばせる2000バーンですがこちらはZO2とESでもギリギリ使えるレベルのカードです。
ルビーハウルや百騎兵などの高打点IGと合わせて使うことで7500を倒しつつドローで手札を整えることもできます。
14弾の後期から注目されてきたアスモデルの範囲外にあるパワーでもあるので、1500でも通してしまえばこのカードの攻撃と能力によってアスモデルを打ち取ることができます。
もちろんカダブと一緒に使うこともできますし使い方の幅が広いカードです。

雷炎の守護女神アテナ

B15-015-00_m.png
SR3色シリーズの赤緑黒枠。
このカードは3色シリーズの中では一番使いづらい印象ですが、新しい黒緑リンクと合わさると効果は絶大。
ですが、綾瀬杯の上位にはあまり居なかった様子。やはりリソースリンク+アテナの条件は安定感に欠けるようです。
単体の性能で見ると青イェーガーのベイン的な枠としてビートに採用している人も居ました。



オリジナルXIII Type.VI “Mt13Ve”

B15-033-00_m.png

青版の阿那婆達多と前評判は高めでしたが、マスプロトロンに対して裏目に出てしまう点や、手札が増えても実際の行動数は増えないといった点から余り採用はされていない感じでした。
ですが、クロエにとっては大きな収穫で、Ⅺフラッグスルートヴィヒと合わせることでクロエの起動までの時間稼ぎ+ドローが安定するようになりました。
今後もクロエは相変わらず対策する必要がありそうです。

双醒真輝サイクロトロン
B15-035-00_m.png

我々のチームが今回綾瀬杯に持ち込んだのもこのサイクロトロンを使ったデッキでした。
持ちこんだ理由などはデッキ記事の方でやろうと思います。
ZO3と手札4枚と制約はかなり厳しめですが、リアンと違いチャージをすべて使って捲りに行ける点や、InfiniteSolitudeが手出しでも使えたりとマスプロトロンを切ってでも使う意味はあるレベルだと思います。
また、このカードの登場によりオリジナルXIII Type.III “Ch05Al”も評価を上げています。
B11-026-00_m.png



雨上がりの希望
他0コスイベント
B15-059-00_m.png

今回白事態に大きな変化は有りませんで、カダブを始めとした他の色の突破力の高さを受けきれなくなってしまったからです。
そんな中でも雨上がりの希望などの0コストイベントは今後白が生き残るための活路になるかもしれません。
ZO4の条件もイベントを使いたい中~終盤なら気にならないレベルですし、これ1枚でゲームを大きく動かすこともできます。
しかし下火は下火、どうしてもダメそうなら諦めることも肝心です。阻む意志ケィツゥーが出てから白無双な環境だっただけにしばらく休憩って感じでしょうか。


次回は黒と緑、各リソースリンクなどについて書こうと思います、それでは。

今年初の更新になってしまいました、あけましておめでとうございます。
プレ予選関東②があったのでうかつに15弾のカードやデッキについても書けないし、今回はチームでの調整をしていたので尚更書けないといった状態でして、、、
プレ予選も無事終わり今回は調整グループからは無事一名権利GETしてくれました。
僕はと言うと5-1、オポネント再開でギリギリ4位と言うとても悔しい終わり方ですが、権利取ってくれたので大満足。

関東では15弾環境の大型大会は予定されてないので、久々に環境考察の記事とか書いていこうかなと思っています。
使ったデッキについてもそこで触れようと思います、それでは。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Token.

Author:Token.
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリ

未分類 (31)
遊戯王 (0)
雑記 (15)
アニメ (1)
音ゲー (0)
ゼクス (130)
モンドラ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。