2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズィーガー杯Ⅸ優勝デッキ【レンジイレヴン】解説




今回は先日ズィーガー杯Ⅸで使用したレンジリンクの解説をしようと思います。

【レンジイレヴン】とは《快速獣人ウェアプロングホーン》と《道交変形セリウム》のリソースリンクの略で、主に《道交変形セリウム》の能力でレンジ2を持った《勇者巨神ダームスタチウム》や《Mode<Awaken> Type.XI》を低コストのイベントで守りながら戦っていくデッキです。
B15-091_m.pngB15-036_m.png
この2枚のリソースリンクは能力こそ強力ですが盤面を取られ攻められた時の防御力が《緋色の海鳥クリードガネット》や《ロウブリンガー リルン》などのリソースリンクに比べて低いので他のカードでカバーする必要があります。

□カード解説
《スピニングブラッシュ》 x3 《双炎業陣砲》 x3 《LastDance》 x4
防御面を補うための低コストイベントです。
《スピニングブラッシュ》と《双炎業陣砲》は《Mode<Awaken> Type.XI》と合わせればどのコストでも除去することができます。
《LastDance》は《滅神騎王アーサー》や《火真竜アストヴェリア》などの展開するカードに強く、手札の枚数を維持できるこのデッキにとっては最強のイベントカードです。

《勇者巨神ダームスタチウム》 x4 《Mode<Awaken> Type.XI》 x2
このデッキで主にレンジ2を持つのがこの2枚で、どちらかをPS(プレイヤースクエア)に登場させ、それを各種イベントで守ってから攻めるのが主な動きです。
レンジを主体としてる割には合計6枚とかなり少なく感じますが、1枚を守れれば良いのと《Mode<Awaken> Type.XI》はエクストラから登場するのでどちらも出せない場合はほとんど無いです。

《運命の案内役ウェアキャット》 x4《紅葉にはしゃぐウェアドール》 x4《仲間を守るウェアスクワール》 x4《黄金色の幸せマレイン》 x4
このデッキには《火真竜アストヴェリア》や《原罪の覚醒アニムス》のようなコスト踏み倒し手段よりも緑のリソースブーストが優先されています。
《スピニングブラッシュ》と《双炎業陣砲》はゼロオプティマ4でコストを支払わずにプレイできますがリソースリンクを優先してリソースに置く関係でゼロオプティマの達成が遅れてしまいます、そこを《運命の案内役ウェアキャット》などでリソースを増やして強引に達成してPSのレンジゼクスを守りやすくしてくれます。
《黄金色の幸せマレイン》があると1ターンに出来る行動が広がるので《扶桑竜アクシズリーフ》での手札調整をしながらのイベント構えが、またデッキにコスト5以上のカードが増えるのでウェイカーの条件を達成しやすくなります。

《鳴竜変形トウショウグー》 x4
今回のズィーガー杯は3人チーム戦で”同名カードはチーム内で4枚まで”と言うルールだったのでチームメイトが4枚使っている《氷深哀歌セリーヌ》は使えずでした。
しかし使ってみると序盤のイベントだらけの手札を調整してくれたりリソースリンクを引きに行けたり青ウェイカーの覚醒条件を達成するためのカードを探したりと活躍する場面が多かったです。
序盤から殴り合う環境の場合は移動が生きる《氷深哀歌セリーヌ》を、中盤から終盤にゲームが動く環境なら手札調整が生きる《鳴竜変形トウショウグー》を環境に応じて入れ替えたり枚数を調整する枠になると思います。

《扶桑竜アクシズリーフ》 x3
《鳴竜変形トウショウグー》と似たような手札調整枠ですがウェイカーの降臨条件にも使えるコスト帯でトラッシュに落ちていれば《滅神騎王アーサー》からいつでもリソースのカードが回収できるようになるので《紅葉にはしゃぐウェアドール》などのリソース加速で埋まってしまったイベントや《勇者巨神ダームスタチウム》を回収できます。
《滅神騎王アーサー》からプレイすればコスト5以上のカードを回収し、次のターン手札に戻ってきた《扶桑竜アクシズリーフ》と回収したカードを使って確実に 《Mode<Awaken> Type.XI》などの青ウェイカーを降臨させることができます。


□ゲームプレイ
マリガンは基本的に《枝植の胎動》や《仲間を守るウェアスクワール》などがあればキープ、なければマリガンです。

序盤はドラゴンレベルを上げ《運命の案内役ウェアキャット》や《紅葉にはしゃぐウェアドール》でリソースを伸ばします。
中盤は《扶桑竜アクシズリーフ》や《鳴竜変形トウショウグー》を使ってリソースが8枚溜まるころには《Mode<Awaken> Type.XI》+《LastDance》の構えを取れるように手札やリソースを調整します、この中盤までが一番脆いので相手のデッキの動きを見ながらギリギリまでライフへの攻めを受けるのがコツです。
終盤までにPSのレンジ2ゼクスが守れれば勝利も同然、《滅神騎王アーサー》+《扶桑竜アクシズリーフ》などで相手の残りの攻めてを受けれるようイベントを回収しながら殴っていきましょう、《スピニングブラッシュ》が余っていれば自分のゼクスを手札に戻して盤面を空けて一気に相手のライフを取ることもできます。



以上、【レンジイレヴン】のデッキ解説でした。
相手のデッキに合わせてイベントを使ったり手札を調整しないと行けないのでプレイの難易度は高いですがその分使い応えもあるデッキだと思います。
今週発売の19弾でもコスト7のウェイカーなどで強化されるデッキでもあるので是非調整してみてください。
週末のカードラボが主催するZ/X-1 CLIMAXでもレンジリンクのデッキは多くの参加者が持ち込むと思うので《暁十天クテール・マシャカ》や《コチョコチョするティクリング》で対策するのもアリだと思います。
Z/X-1 CLIMAXには僕もチーム戦で参加するのでよろしくお願いします(^^)
スポンサーサイト

テーマ:カードゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://token458.blog.fc2.com/tb.php/212-16c67da1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

Token.

Author:Token.
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリ

未分類 (31)
遊戯王 (0)
雑記 (15)
アニメ (1)
音ゲー (0)
ゼクス (130)
モンドラ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。