2015-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人用赤緑t黒官兵衛

前回のレシピは被り有のチーム戦用のレシピだったので個人用のレシピも上げようと思います。
関東ではスターター有りの個人のCSが無いためあまり深く練ったレシピではありませんが参考程度に
2 x 読書好きのキンレンカ
2 x 奈落の魔人アビッソ
3 x 豊穣と幸運の女神ハトホル(F)
1 x 手甲職人ガントレット
4 x 切り込むラハール
4 x 装丁職人バインディ (F)
2 x 伝説の魔神 百騎兵
2 x 宇宙最強魔王の娘ペタ
1 x 絶望の扉ボーンゲート
3 x 孤影の幽囚ソリトゥス
4 x 隠密鳥人ウェアクロウ
3 x 暁十天エダーナ・サウファ(F)
2 x 暁十天クテール・マシャカ
3 x 焔の魔女ラビリ・ラルラ・ラー
3 x 繚乱の芳魂 フィーユ
4 x 戦闘屍鬼アサルトコープス
3 x 孤高の魔神エトナ
4 x 神算鬼謀の指し手 黒田官兵衛
1 x 剣淵相馬
358f7faea525dd0ec4d6b9e84b683c13.png

前回との変更点は
シルフィード→アビッソ
IGバニラ→ラハール2ペタ2
月下香マトックラビリ1枚サウファ1枚→ソリトゥス3枚エトナ1枚
アルカネット→ボーンゲート
VBの枠はこのデッキのビートダウン要素を強化+ソリトゥスエトナラビリとのシナジーを狙ってアビッソに変更。
IG枠は打点の強化と追加の火力としてペタを、この辺は前回も少し触れたと思います。
月下香やマトックなどの自由枠をソリトゥスに変更したことで、サウファマシャカラビリ新フィーユにアクセスしやすくなりました。
また、ソリトゥスへの変更によりスタートカードも墓地を肥やすボーンゲートに変更、リソリンが落ちればラビリで釣れますしそのラビリが落ちればソリトゥスで釣れます。アサルトコープスの選択肢を増やすのにも一役買ってくれます。

回し方は前回とあまり変化はありませんが、こちらはソリトゥスとエトナが増量した分よりチャージ管理が難しくなりました。
チャージに余裕がない時でもボーンゲートを使いまわせばトラッシュが増えて選択肢が広がります、
ウェアクロウでボーンゲートをリソースに入れてしまうとトラッシュを増やしたくなった時にIGしないといけなくなったりするので極力ボーンゲートはリソースに埋めずにチャージがトラッシュに置いておきましょう。

後は10月からの新しいプロモ
p13_039.png
によってガントレット+クロススピアで簡単に官兵衛が処理されるようになってしまいました
今後はIGガントにも官兵衛の効果を起動しなくてはいけなくなったりするので、赤系のビートダウンにはより前のめりな戦法を取るかエトナ+官兵衛など今まで以上に固い盤面を作る必要がありそうです。
しかしこのカードを使う側にもなれるので、同系対策や今まで苦手だったマリンモード対策なんかに使えそうです。





以上、今回は前回ほど気合も入っていないので緩い感じですが。
前回は気合入れすぎてカード名に色を付けて行ったらチカチカして逆に見辛くなったりしてたので今回は普通な感じにしました(手抜き)。
関東では再来週にズィガー杯がチーム戦で開催されるので参加してきます。
最近戦績が良くなってきたのでまた良い結果が出せるようがんばってきますー
スポンサーサイト

赤緑t黒官兵衛

9/20名古屋で行われたポラリス杯で優勝したので使ったデッキの解説をしようと思います。
今回の大会はチーム戦とのことなのでチームメンバーと相談しながら枠を少し妥協したり、名古屋は遅めのデッキが多いと言う前情報を踏まえて構築しました。

2 x 読書好きのキンレンカ

2 x 風魔シルフィード
2 x 伝説の魔神 百騎兵

3 x 豊穣と幸運の女神ハトホル(F)
1 x 手甲職人ガントレット
2 x 切り込むラハール
4 x 装丁職人バインディ (F)

4 x 空飛ぶ孔雀石マラカイトバット
1 x 雪だるまを作るアルカネット
4 x 隠密鳥人ウェアクロウ

1 x 魅惑の七支刀 月下香
4 x 暁十天エダーナ・サウファ(F)
2 x 暁十天クテール・マシャカ

4 x 焔の魔女ラビリ・ラルラ・ラー
3 x 繚乱の芳魂 フィーユ

4 x 戦闘屍鬼アサルトコープス

1 x 発掘職人マトック
2 x 孤高の魔神エトナ

4 x 神算鬼謀の指し手 黒田官兵衛

1 x 剣淵相馬
CPgaeQoUsAAcxvM.jpg
■デッキの動きと解説
メインの動きは官兵衛で盤面を制圧して相手が止まった隙をラビリサウファといった突破力の高いカードで突いてライフを取るミッドレンジとコントロールの間に位置するデッキです。
理想的な動きは
先手赤いIGで攻撃、2t目ウェアクロウブースト、赤いIGで攻撃、3t目ラビリから破壊時にもう一度ウェアクロウの効果でブースト、4t目に8マナあるので1マナ構えて官兵衛がプレイできます。

注意するのが赤マナが最低でも4枚とZO4を揃えることです、ZOはサウファの為にも必要なので構築の段階で確実に揃えに行けるようにする必要がありました。

リソースリンクはその点噛み合ってないように思うかもしれませんが、ウェアクロウのおかげでZOの為にIGアイコンを手札に温存しなくても良くなりますし、アサルトコープスで得られるアドバンテージは多少のリスクを負ってでも採用する価値があります。
マトックマシャカなどをピンポイントで回収できますし、ラビリ+コープス+マシャカで相手の手札を崩しながらも安定してうごくこともできます。

新しいスターターのフィーユは後手の時に特に活躍するカードで、初期リソースの運次第では6マナの時点で官兵衛を出すこともできますし、アルカネットでブーストすれば3t目エトナも可能です(エトナのコストのチャージが無くなるので1点以上食らってる事前提)。
あとは序盤に必要ないクテールマシャカや相手の阿那婆達多でリソースに送られてしまったこちらのカードを出すのにも便利です。

■採用理由
○IGアイコン
チームメンバーの赤黒ESがルビーハウルラハールを6枚使っていたのでバニラ8枚ラハール百騎兵
他の候補として追加2コストで5000バーンを飛ばせるペタや追加の百騎兵などがありますが、名古屋の環境ではマエロル4枚入れたESが多いと聞いていたのでバニラを多めに取りました。
個人戦ならルビーハウルラハールに寄せることができるので
4 x 紅い牙ルビーハウル
4 x 切り込むラハール
2 x 宇宙最強魔王の娘ペタ

2 x 伝説の魔神 百騎兵

こんな感じにすると思います。

○ライフヴォイド風魔シルフィード
このカラーのデッキでは相手の出して来たゼクスを破壊以外の手段(バウンスなど)で除去することができないので、数で殴られるとそのままIGで轢き殺されてしまうゲームが多いので2体処理しつつ除外でチャージを与えないシルフィードに。
チーム戦ということでヘルソーンリアンを除外する機会もあるかなーと思ったけど結局そんなこともなく普通に使ってました。
読書好きのキンレンカ
緑のVBと言えばこのカードと言うくらい強力です、特にこのデッキではリソースのクテールマシャカを出したり、フィーユを出してそのままエトナや官兵衛に変身したりとデッキの動きを安定させてくれます。
能力のトリガーもエダーナサウファとのフリカコンビで安定して起動できますし赤緑系の救世主と言ってもいいくらい強い。
またこの2枚のVBパワーが3000なのでエダーナサウファで焼いて盤面を空けることができます、
相手のライフを一気に減らすことができるコンボなのでVBとエダーナサウファが揃ったときは狙ってみましょう。
豊穣と幸運の女神ハトホル(F)
相手のライフを序盤から攻めるデッキじゃないのでガントレットよりはこちらを優先、
アサルトコープスで回収する事もあるくらい良く使うカードなので使う時やリソースに埋めるときは慎重に。
手甲職人ガントレット
この枠はぎりぎりまで縷紅草と迷っていたのですが、赤いIGであるというのとミラーの時に使えるということでこちらにしました。
余り使わなかったけどリソースでZOを出しつつ赤カウントにもなって助けられたので良し

リソースリンク&ラビリ・ラルラ・ラー
リソースリンクは上の最速パターンを求めて入れているのも有りますが一番の理由はラビリを含めた官兵衛同士の投げ合いで有利になれる点です。
相手が純正赤緑であればラビリ2枚+アサルトコープスのループ(ラビリAの効果でアサルトコープスからラビリBを回収、Bの効果でAを回収)で手札の枚数差をつけることができます、このループ中に引いてきた追加のアサルトコープスやエダーナサウファなんかで相手の官兵衛の上から点を取りに行けるといい感じ
純正だとこの枠はアスピドケロンなどを取る枠ですがラビリからウェアクロウを入れることで同じような働きになります。
このデッキの場合4マナ→6マナへのジャンプはあまり意味がないですし、ZOの安定のためにもこちらの方が良いと思います。

繚乱の芳魂 フィーユ孤高の魔神エトナ
アルカネットのブーストを加えると3ターン目にエトナを出すことができます、
この場合エトナのチャージコストが無くなってしまうので出す場合はライフダメージを食らっている必要があります、ですがエトナの制圧力はその分強力です。
最速で出した後は7マナでそのまま官兵衛を横に置いてエトナで守ったり(官兵衛が直接除去されてもエトナのコストになります)ラビリで殴りに行くも良し、とにかくエトナのチャージを切らさないようにすれば負けそうな盤面でも意外と何とかなったりします。
早いデッキの対策にはクシナダ姫がメジャーですが官兵衛系のデッキは序盤の手札を増やす手段が少なく、クシナダ姫を出して1ターン耐えたとしてもその後がジリ貧になってしまうことが多いので今回は不採用になりました。

暁十天エダーナ・サウファ(F)
このデッキのフィニッシャー兼ミラー対策です。
チーム戦では必ず一人はコントロール系のデッキを使うことになると思い、マリンモード官兵衛などエダーナサウファがないとお互いににらみ合って時間が足りない試合が出てきてしまいます。
上の方にも書いてますが自壊して無理やり点を取りに行くこともできます、エトナのコストを増やしたりもするので見た目以上にいろいろな仕事があるカードです。

神算鬼謀の指し手 黒田官兵衛
特に書くこともないですが、出すタイミングとしては9マナで登場時に自分のターンで1回、相手のターンで1回起動できるようなタイミングで出すと良いと思います。
アセソリ系やノーブルなど、今までの盤面を埋める系のデッキにとっては悪魔のようなカードで、1枚出てしまうとそれだけで負けてしまうようなカードです。
IG+適当な生き物で簡単に返されてしまうので、あまり官兵衛を並べて行ってコントロールしようとせず、一度相手が動きを止めたらラビリエダーナサウファで殴りに行った方が安全です。

魅惑の七支刀 月下香 発掘職人マトック 暁十天クテール・マシャカ
この辺りは調整枠です。
マトックはチーム戦でパーツがほとんど変わらないアニムス用に
マシャカシンクロ系などのコントロールように2枚ですが、1枚でも良いかも知れません
月下香黒ESに対して有効というのと、同系にも5コストで確実に効果を使わせることができる点など、いろんなデッキに丸く使えるので採用しました。
環境によってはエトナを追加したり、4コストのソリトゥスでラビリマシャカサウファにアクセスしたり、色々入れ替えてみてください。



以上でデッキとカードの解説を終わろうと思います。
フリーカードとスターターデッキ+日本一ソフトウェア2+水着パックと集めやすいカードで出来ているので実際に組んで回してみてください、ラビリとリソリンの使い方やフィーユや官兵衛のタイミングなど難しい部分が多く、回せば回すほどうまくなって行くデッキだと思います、是非回してみてください!

«  | ホーム |  »

プロフィール

Token.

Author:Token.
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリ

未分類 (31)
遊戯王 (0)
雑記 (15)
アニメ (1)
音ゲー (0)
ゼクス (130)
モンドラ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。