2013-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4弾デッキ】赤黒エヴォルシード

IG x 20
4 x 戦国の華 森蘭丸
4 x 天駆ける軍馬スレイプニール
4 x 紅の牙ルビーハウル

4 x かぼちゃお化けのジャックランタン
2 x 嘆きの魔人マエロル
2 x 骨騎士スケルタルナイト
ES x 19
4 x 獰猛な虎目石タイガーズアイ
4 x 整備職人ヒンデンブルク
4 x 九大英雄シェイクスピア

3 x 途惑いの少女アリス
4 x 幽鬼ダスクアクス

その他 x 11
1 x 愛と美の女神アフロディーテ
2 x 煌きの金ゴールドピーコク
2 x 混沌の大蛇ヤマタノオロチ

2 x 四足の勝利者ズィーガー
4 x 首なし戦車デュラハン

1 x 上柚木綾瀬



綾瀬杯トレカの洞窟チーム戦から続けて公認大会などでも使用している赤黒エヴォルシードデッキの紹介です。

メインとなるのは19枚搭載されたESによるIGフェイズでのアドバンテージと軽量クリーチャーによるビートダウンです。

ESの中でも4弾で登場したダスクアクスとシェイクスピアは手札を消費せずに展開することのできるカードで、この2枚の登場によってこのアーキタイプが生まれました。

首なし戦車デュラハンはシェイクスピアのためのコストを稼ぐのにも活躍してくれますし、ほかのESが捲れてもアドバンテージや奇襲性など、とにかく強いこのデッキの主役的なカードです



いままでのウィニーやビートダウン系のデッキの問題は大きく2つありました
1つはデッキに投入されているカードの片寄りからくる不安定さでした
2cや3cを確保しつつ速度を落とさないように少しの中型~大型のカード、さらにはディスティニーベインに対しての回答として覇者激震槍など、都合よく引ければ圧勝できるが崩れやすいという性質を持っていました。

もう1つにスクエアへの干渉がし辛い点です
デッキの動き上相手のプレイヤースクエア横⑤⑦⑨番スクエアに自分のカードをプレイし、返しの相手ターンに④⑥番から殴り返され、その④⑥番の相手ゼクスに対しての干渉ができないがため、速攻で勝負が終わらなかった場合にアドバンテージ面で負けるゲームが多かったのです。
④⑥番や後手の返しの手段としてアリオトやシェアトなどの対策は取られていましたが、アリオトは自分の手札を捨てますし、なにより相手の手札が増える=ディスティニーベインのコストが増えることになります

この2つの問題、特にディスティニーベイン、さらには4弾で登場したK2への対策ができなければビートダウンとしては成立しなかったのです。


話を戻してこのデッキ、このディスティニーベインとK2に対する回答が8枚(シェイクスピア、オロチ、ズィガー)しかありません(笑)
当初の構築ではシャイクスピアとオロチ両方4枚づつズィガー2枚、合計10枚+スタートカードにクイックドローを採用し、デュラハンの攻撃に使用することによって突破できたりと、ディスティニーベイン対策は十分でした
しかしまあ綾瀬杯が終わってから環境は早いこと早いこと。
どこの大会へ行っても最終的に勝っているのは早いデッキ、何処も彼処もレース会場、速さを競う場になっています。
もちろんそんな上位の早いデッキにディスティニーベインやK2が採用されてるわけもなく、ESデッキとしてのシェイクスピアは4枚として最後の一押しや序盤の安定のためズィガー2枚を確保したらシワ寄せ的に2枚のオロチは他のカードへと姿を変えたのでした・・・。



細かいカードの解説


2 x 嘆きの魔人マエロル
上でも話した通り、環境は低速から中速~高速の環境へと移っていってます
このデッキはそんな環境の中でもさらに流行っているバウンス系に対して激弱です!
相性さで言ったら7:3か8:2レベルで不利でした
「しかし手札に送ってくるならこっちからチャージに送ってやる!」ってな感じで、マエロル2枚
その大会の環境によって強さが大きく変わるのでいつでも追加できるようにもう2枚デッキケースに入れています
なので本当は2~4枚ですね、スケルタルナイトを抜いてマエロル入れるかどうかって感じで

1 x 愛と美の女神アフロディーテ
まさかのバニラ、しかしこれも理由があります
ESデッキだからどうせSTもIGに使ってしまう、なんていうのはもちろん
このデッキの場合は整備職人ヒンデンブルクがあるのでPSに居るSTが相手のプレイヤーめがけて突進することもあります。
ここを変えたのは洞窟のチーム戦以降なのですが、綾瀬杯チーム戦と戦ってきて相手のライフから出てきた5000のカードに対してクイックドローが棒立ちになる場面が数回あり、その場面>クイックドローの効果を使う回数になってしまってたので思い切ってバニラにしました。

4 x 九大英雄シェイクスピア
他には特に変なカードもないのですが、シェイクスピアの追放する優先度について
蘭丸、タイガーズアイ>IG>ヒンデンブルグ、アリス、ゴールドピーコク(アリスで回収できればいいので1枚手札か墓地にあれば追放してOK)>その他
こんな感じです、リフレッシュ後の盤面で使わないようなカードや捲れてほしいものを残して、シェイクスピアやデュラハンなど山札や墓地が減った状態で引いても捲れても嬉しくないようなカードを優先的に追放する感じです。



あとのことは使えば分かると思います!
環境によっては幽鬼ダークスカーまで入れてもいいくらいバウンスに弱いのでその場で環境を見極めてデッキをいじってから大会に出ましょう!
大会前に誰もフリーしてなくて誰がどのデッキか分からないときは諦めるかバウンスが居ないことを祈るかのどちらか好きな方を、おすすめは祈る方

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

Token.

Author:Token.
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリ

未分類 (31)
遊戯王 (0)
雑記 (15)
アニメ (1)
音ゲー (0)
ゼクス (130)
モンドラ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。