2013-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

ゼクスの発表もなければ店舗大会に行ったのも2月では1度だけ・・・
ま、最初の方にチーム戦、HS3、綾瀬杯と続いてましたからね。大会には4回言ってるんですよええ


しかし最近は「ネトゲやりたいから大会はやめておこう」だとか「家で寝てたい」だとかで・・・
Vaultもしばらくやってないですしモチベーション下がってますなー
さっきも言ったイベント3連続の後が本当にひどくて、やっぱイベントで完全燃焼してしまったのかなぁと

今度4弾の発売に合わせ第2回綾瀬杯もあるみたいですし、それまでになにかイベントを見つけてまたやる気に火をつけなければ

あ、でも一応デッキはいろいろ作ってるんですよ?
新しいフリーカードを使ったエヴォルシードデッキとか花蘇芳とデュエルをどうにかして使ってみようと考えてみたりとか。
この前の菖蒲イリュジオンも少し手を加えてますし

まだ対戦してないデッキとかたくさんあるしまずはここから使ってみてモチベーション上げていきますかねー
スポンサーサイト

3弾菖蒲ビショップ



今回は新世代の菖蒲ビショップを紹介します
そもそも菖蒲ビショップとはなんぞやという方、菖蒲ビショップとはその名の通り《たおやかなる薙刀 菖蒲》と《冥司教スケルタルビショップ》の2枚を中心にアドバンテージを稼ぎつつ、盤面を埋めるデッキです。
デッキタイプとしては1弾の最初期から存在していて、黒緑の菖蒲ビショップに当時最高パワーだった《誇りのフィエリテ》を入れた白黒緑タイプ、《ソードスナイパー リゲル》や《音速の城ダームスタチウム》を入れた青黒緑タイプが
EX1弾が発売されてからは《高潔の金剛杵 木蓮》や《野蛮の魔人バルバルス》を獲得しさらに強力なデッキになっていきました。
2弾からは《冥司教スケルタルビショップ》が抜けて《樹海の乙女フィーユ》が入ってきたりと発想自体は変わらずに常に環境に居ました。

しかし、3弾からは赤青ブレイバーに差をつけられたり、青緑フィーユに居場所を取られたりとあまりパッとしない印象でした
そんな菖蒲ビショップの3弾verがこのデッキです



4 x 孤独の魔人ソリトゥス
2 x 不幸の魔人ミセリア
2 x ジ・アビス
4 x 飛び込むカーズカーズ
3 x 冥司教スケルタルビショップ

1 x 変幻の三節棍 山吹
4 x 未来の達人 蒲公英
4 x 隠業の手裏剣 弟切草
4 x 獣人ウェアヘッジホッグ
2 x フィーユはいつも元気だぞっ!
4 x たおやかなる薙刀 菖蒲
3 x きれい好きのレモンバーム
2 x 力ある矛 杜若
3 x 曲者の蛇矛花一華
4 x 高潔の金剛杵 木蓮

4 x 幻想のイリュジオン




菖蒲ビショップが新たに獲得したのは《幻想のイリュジオン》と《たおやかなる薙刀 菖蒲》の菖蒲イリュジオンループです
《たおやかなる薙刀 菖蒲》の効果で《幻想のイリュジオン》を回収、相手に倒されチャージに送られた《たおやかなる薙刀 菖蒲》をまた回収して《たおやかなる薙刀 菖蒲》の効果で.....といったようにループすることができます
《幻想のイリュジオン》も相方である《飛び込むカーズカーズ》もコスト5以下ですので《冥司教スケルタルビショップ》での回収先の選択肢も広がりました
この菖蒲ループと菖蒲ビショップを中心にアドバンテージを稼ぎながら場を埋めていくデッキです

なんというか説明がすごく難しいのでとにかくたくさん回すといいと思います
回すごとに新しいテクニックやパターンが見つかってすごく楽しいデッキです。

大会行ってきました

2/17の秋葉原カードラボの公認大会行ってきました

使用デッキ赤青アサリゲ

1戦目bey

2戦目 白黒@ズィガー ○
4番に適当なの置いて7番にアサギ置いたら勝ってた

3戦目 青緑黒@リゲル ○
4番に適当なの置いt(ry


結果2-0(3-0)
はい優勝しましたー
フリーも含め5戦くらいしましたが結局アサギ出してリゲル出してゲーム終わりみたいな試合ばかりでした
アサギは赤いデッキでなければ対処しづらく、それだけで負ける要因になるので普通のデッキでも何か対策をしておかないとまずいですね

デッキ解説 【赤白t黒リチャードガムビエル】


4 x 雪のネージュ
4 x 十二使徒 宝瓶宮ガムビエル
4 x 聖獣オーラユニコーン
4 x 純粋のピュール
4 x 聖獣オーラタピール

4 x 獅子心王リチャード1世
4 x 陽気な太陽の神アポロン・アガナ・ベレア
4 x 戦略の女神アテナ
4 x 紅の牙ルビーハウル
4 x 日出づる国の巫女 卑弥呼
4 x 狩猟の女神アルテミス
1 x 拳銃職人クイックドロー

1 x 倉敷世羅
1 x 冥司教スケルタルビショップ
4 x 途惑いの少女アリス



前回のメタゲーム考察の続きで解説記事を

■このデッキができるまで

綾瀬杯に向けてどのようなデッキコンセプトで行くかは前回の環境記事でも書いたように
・6000火力をデッキに入れてリゲルやアテナ、ジャンヌダルクなどを焼けるようにする
・ディスティニーベインでコントロール
このどちらかがデッキに必要な要素でした

赤青ブレイバーというデッキを対策するにあたり、ディスティニーベインの入ったデッキはディスティニーベインのコストを支払うために、青を混ぜたり、同じ黒でアリスやスケルタルビショップなどの手札補給手段を入れる必要があり、ディスティニーベインでしか赤青と戦えない構築になってしまうのでこちらのデッキを考えるのはひとまず後ということにしました

続いて6000火力については、赤いデッキなら2枚以上入れることも可能で、ほとんどのデッキ相手に有効に働いてくれるということもありこちらをまず組んでみました。
実はこの赤白は2代目のデッキで、最初はハンニバル・バルカを使ったエレファントデッキを持っていく予定でした。
しかしエレファントデッキは先行になった時の動きが非常に扱いづらく、後手に回った場合でも先行IGからの理不尽な負けに対応できず、半端なデッキになってしまいました。

そこでまた6000火力のカードに注目すると今度はアドバンテージを取ってくれる優秀な火力が居ました
獅子心王リチャード1世&聖獣オーラユニコーンです。
この2枚を中心に周りを固めていってできたのがこのデッキでした。



■採用理由

1 x 冥司教スケルタルビショップ
4 x 途惑いの少女アリス
t黒にした理由がこの2枚です。
赤白というカラーリングを選択する以上、先行で手札がすぐ枯渇する問題がありました
この黒のカード5枚を入れるだけでその問題を軽減することができ、デッキとして成立させてくれます
スケルタルビショップは回収先にガムビエルやアポロンアガナベレア、オーラユニコーンも回収できて便利なので数を増やしたほうが強いと思います、ここは少し調整不足でした。


4 x 十二使徒 宝瓶宮ガムビエル
デッキ的な相性が抜群で、リチャード&オーラユニコーンの火力能力や卑弥呼+アテナなどで盤面を一掃しするデッキですが、相手に与えたチャージからIGされてしまい、結局また盤面を返されることがありました、しかしガムビエルが居ればIGの成功率を下げ、こちらが有利に戦うことができます。
もちろん2体並んでも重複するので相手のチャージすべてが破棄されます。
ガムビエルが1体でも残ってしまうと2体目が登場してチャージすべてがなくなりもっとひどい場面になることもあるので相手にする場合は最優先で倒しましょう、いきなり2体同時に現れたら諦めましょう、それくらいこのカードは強いです





・・・以上!
特に変なカードが多いわけじゃないのでなんか短いですが、このデッキの裏側には赤青ブレイバーというデッキがあったということが伝えたくて環境考察記事から書きました。
特になにか大きい大会が控えてるわけでもないのでまたいつも道理大会レポとか気になったゼクスの話題とかの方向に戻ります!

綾瀬杯環境総括

まずは綾瀬杯おつかれさまでした。
私も含め80名以上の参加、予約では定員ギリギリの90名以上が予約していたそうです
朝会場に着いた時もすでに会場待ちの方が20名以上いたり、大会以外にもフリースペースとして使う人も多かったです。

それではメインの環境の総括について

■環境予測
大規模大会に行く前には環境の考察・予測というのは必要です
今回は関東全体から、一部遠征勢も居るだろう。というところで環境を予測していきました
まず現状の3弾のデッキで”強い”とされているデッキを上げていきました
・赤青ダハーカシェダル
・青緑花蘇芳デュエル
・青黒ディスティニーベイン系
おおざっぱですがこの3つは調整などもすでに終わっていてデッキとして完成しているものが多いです
特に上の二つは構築の方針がわかりやすいので使用者が多いと予想していました

・赤青ダハーカシェダル1 40%
・青緑花蘇芳デュエル 15%
・青黒ディスティニーベイン系 25%
・その他環境を見て作ってきたオリジナルデッキ 20%

環境について考えていたときははじめこのような環境になると予測していました。
これを踏まえた当日の環境を見ていきましょう



■実際の環境
実際、蓋を開けてみれば右を見ても、左を見ても赤青とそれをメタするデッキ、たまに青緑
といったように、上の予測がほとんどあっていたと思います
トップメタ、赤青ダハーカシェダルデッキに対する回答として赤の6000バーン系能力で焼いたり、ディスティニーベインを多く採用して、対策をしているデッキが多かったように見えました
私は前者、6000バーンに目を付けたメタデッキで参加し、予選を通過、決勝2戦目まで行くことができました。
トップ8を見る限り、同じ赤青でも6000バーンという数値に目を付けてアポロン・アガナ・ベレアを採用したり、黒いデッキにはほとんどディスティニーベインが入っていたりと、やはり赤青はメタゲーム的には負け組だったようです

そういえば青緑はもともと赤青相手に相性が悪く、予選の段階でほとんど落ちていたみたいですね。
勝手に赤青と当たって落ちてくれると思っていたのでこれも予想道理でした



■結果
TOP8は以下のデッキでした
黒緑5(うちt白が1)
赤青2
白黒1

ダントツで黒緑が多いです、理由はもちろんディスティニーベインにあります。
もちろん普通に強い効果ですがここまで無双するほど強力ではありません、
背景に赤青の存在、それをメタしてきた赤単を両方狩ることができたのが大きいと思います。

この中を潜り抜けて優勝したのは赤青、しかし構築を見てみると優勝も納得、アポロンで同系を対策したり、追加のドローカードをダームスタチウムではなくデネボラにしてディスティニーベインへの対策にしています。



■次の環境
今回の結果を見て、赤青ダハーカシェダルは徐々に数を減らし、相対的にディスティニーベイン系のデッキも減ってくると思います。
今まで赤青に対して勝てなった青緑はこの環境でまた息を吹き返すことができるのか
他にも新たなデッキが出てきて環境ごグチャグチャにかき回してくるかも知れませんし、もしかしたらこのまままったく動きがないかも知れません。
次の大規模大会は関東CS、私は用事があるので行けませんが、その時に大きく環境が動いてることを期待しましょう。





今回は環境考察記事でした
次は今回使った赤白リチャードt黒のデッキ解説を書きます
今回の会場でも少なかったデッキタイプですが、このデッキもシナジーが多く詰め込まれていて楽しいデッキになっているので、お楽しみに

それではまた次回。

赤青リゲル
4 x 悪の根源アジ・ダハーカ
2 x 絶対的守護神ゴプリオン
4 x サーキュラードリル ギルタブ
4 x バレットライダー シェダル
3 x ソードスナイパー リゲル
4 x 九大英雄ジャンヌダルク
4 x 戦略の女神アテナ
4 x アドミニストレータ デネボラ
1 x 拳銃職人クイックドロー
4 x 日出づる国の巫女 卑弥呼
4 x 紅の牙ルビーハウル
4 x 狩猟の女神アルテミス
4 x レーザーブレード ベネトナシュ
4 x 抹消機械ヴォイド
1 x 各務原あづみ


予告どうり、すごく久しぶりですが解説記事です。

始めのデッキコンセプトは《音速の城ダームスタチウム》と《バレットライダー シェダル》で手札を増やし、赤の火力で盤面を制圧するデッキでした

Z/Xvaultでは未発売のカードでも公式やVジャンプなどで情報が出れば使用可能なので発売2週間ほど前から3弾環境に着手し、いくつか作ったデッキの中でもこの赤青はとても手応えがありました。
そのまま時は流れ、《休日のアトリア》や《第一種戦闘配備》などの優秀な青イベントから《戦略の女神アテナ》という強力なブレイバー、《レーザーブレード ベネトナシュ》のバトルドレスの増加から《アドミニストレーター デネボラ》の採用まで初期のコンセプトの中心部分は変わらずに単純な強化がされていきました。

それではカードごとの解説に入ります


4 x バレットライダー シェダル
4 x 悪の根源アジ・ダハーカ

このデッキの中核となるリソース連携サイクルの赤青です。
《悪の根源アジ・ダハーカ》の効果は強力ですが、使いどころを誤るとせっかくの効果が無駄になってしまうことが多いです。
相手の手札やデッキを予測して相手に大量展開をさせるように盤面を作っていき《日出づる国の巫女 卑弥呼》や《九大英雄ジャンヌダルク》などの火力と合わせて一気に盤面を焼き切ってやりましょう。
それに対して《バレットライダー シェダル》は適当でも十分強いです。Z/Xの手札上限は6枚なので手札があふれ無いように注意しましょう。


4 x 日出づる国の巫女 卑弥呼
他ブレイバー多数

先ほどの《悪の根源アジ・ダハーカ》とのコンボというのが目的。
《日出づる国の巫女 卑弥呼》はヘイトを稼いでくれるという点でも優秀です


3 x ソードスナイパー リゲル
赤青というカラーリング上相手のプレイヤースクエアに対して弱く、パワー1万以上のゼクスを置かれるだけで1ターン稼がれてしまうことが多かったのですが、《ソードスナイパー リゲル》のレンジによってその弱点を少し克服しました
《九大英雄ジャンヌダルク》との相性も抜群です


その他バニラやスタートカード合わせての50枚です

それでは採用しなかったカードについて、ほかの同系デッキのレシピやツイッターなどの意見から選出してますが、ほかにも何か理由が聞きたいカードがあればコメントで質問してください、追記やコメントで回答します


《レーザーサイス アヴィオール》
バトルドレスであり、相手のゼクスをバウンスすることによりチャージ差を作ることができます。
しかしこのデッキは特別早い勝負に持ち込むわけではないので相手に与えた手札をそのままアドバンテージをして使わせてしまうことになります
また、同系の《悪の根源アジ・ダハーカ》のみで回答されてしまう点や《九大英雄ジャンヌダルク》との相性の悪さも考えた結果不採用になりました


《戦国の華 森蘭丸》
こちらも種族はブレイバーということでシナジーはしていますし、効果も強力です。
《バレットライダー シェダル》の効果を使わないと手札が増えず、こういった低コストのカードが扱いづらくなるので採用しませんでした、また大量ドローでごまかしていますが単体では機能しないカードが多く、これ以上増やしたくないというのも理由です

《傾城の美女 貂蝉》
これも《戦国の華 森蘭丸》と大体理由は同じ、単体で機能しないカードは増やせません

《奏造ハイドネー》
あまりメジャーではないカードですが効果は強力です
まず一つにデッキ全体のパワーの低さがあります、+2000した程度ではあまり関係ないほどに全体のパワーが低くあまり効果を使いたい場面が来なかったので抜きました
同系相手に使ってもあまり強くないです

《永遠の隠しキャラ アサギ》
チーム戦のレギュレーションの名残で入ってません、同じチームで同名カードは4枚までっていうアレ
6cバニラを2枚アサギにするといいと思います




以上デッキ解説でした
繰り返しになりますが採用不採用カードについて解説がほしいカードがあればコメントなどで教えてください
追記としてこの記事に追加していこうと思います

来週には高田馬場で綾瀬杯もありますしその時用のデッキを作らなくては・・・




追記

《休日のアトリア》
始めの方で強力なイベントと言っていたというのに採用していない理由はゲームのシステムにあります
このゲームはテンポを取ってアドバンテージを得ていればいずれ勝てるゲームです、そのゲームシステム上テンポの取れないこのイベント2種は不採用になりました
《休日のアトリア》をプレイするならそのコストで3コストのゼクスを配置してテンポを取りに行った方が動きとして強いです。

《第一種戦闘配備》
こちらはアトリアとは違い、5マナのアクションとして3コスト+配備という動きが追加されたりとデッキとしては相性がいいのですが、調整の段階でリゲルに枠を奪われてしまいました

《γ-S02アリオト》《鋼城プロメチウム》
《γ-S02アリオト》の方は先行でも使いやすくて採用も考えましたが。それでも4cのカードが多くなってしまい、デッキのマナカーブ的に採用を見送りました
《鋼城プロメチウム》の方を採用するのであれば同じ5cの《ソードスナイパー リゲル》の方がデッキの相性がいいので採用しませんでした。
どちらも後手の時除去として使える場合がありますが、自分のプレイヤースクエアを空けてまで攻守交代をする動きが弱いというのと、ほかのカードで除去が間に合っているというのもあってどちらも採用しませんでした


リゲルとジャンヌの相性について
リゲルはレンジ∞を持っていて、ジャンヌダルクの効果を発動しやすくなります
ジャンヌダルクの効果でダメージを与えたゼクスに直接攻撃することもできます
このデッキのリゲルは攻める手段として最高レベルの質を持っているので使う時も慎重に考えて使うといいと思います

2/3ゼクストリーム&第3回ヒロイックサーガin関東

朝会場入ったところから書いていきますね
会場には10時少し過ぎくらいに到着し、中にはすでに100人近くのプレイヤーが開始を今か今かと待っていました。

主な活動地点が秋葉原ということもあり、知り合いや顔見知りなどの身内が20名以上はいたと思います。
歩けば身内が試合を、また列に並べば前には知り合いがいたりとどこからどこを見ても誰かが居る。といった感じで特別なイベントでしたが特に緊張やらせずに済みました。


さて、会場に入ったところまで話を戻します
会場に入りランブル戦用のスコアシートを貰い、会場を見渡して知り合い身内多数。
ヒロイックサーガの開始は11時、まだ1時間以上もあるのでとりあえずフリーを数戦、あっという間に一時間が経過しおなじみのストーリー映像が。
簡単に内容を書くと、ディスティニーペインが横浜で大暴れしてるのを各5色の陣営で止めに行くというものだった気がします(記憶あやふや)
今回の勝利数スコアによってカードが1枚完成し、そのカードイラストに順位ごとの場所が与えられるとのこと
続いて陣営の割り振りを終えて緑に割り振られ最初の移動へ
その後しばらくして対戦が始まりました


1戦目 黒赤@ズィガー
先行からシェダル効果を使いアドバンテージを稼ぎ、3t目にリゲルが角に着地
相手もIGで返してくるも火力で場を一掃してアドバンテージとテンポを一気に取り、相手の刃用のチャージをIGに使わせることに成功
その後もリゲルや6バニラで場を埋めていき勝ち

2戦目 緑単@リンドウ
先行2t目ジャンヌを出したら相手がジッサ出してエンド
相手の手札に高パワーが居ない雰囲気なのでIGまでして一気に攻めに入ります
ドローを捨てシェダルをプレイするくらいに前のめりなプレイをとり、高コストをどんどん投げていって勝ち

3戦目 赤白青@フィエリテ
後攻、先手IGを決められ一気にライフが2点まで落ち込むも何とか火力とジャンヌのヘイトを使い生きながらえる
その間に手札の補給と火力の準備を済ませリゲルや卑弥呼アテナで攻めに転じ勝ち



ここで空腹とフリーカードの誘惑に負けて終了、ジェットライオンと4バニラだけもらえれば関係ないよね!


というわけでちょうど終わった友人とお昼を食べフリーカードコロシアムへ
使用デッキは黒緑白

1戦目 黒緑
先手2t目展開できずに守りに入るがバルバルスをトップし場を固めることに成功
プファイルや杜若などの除去と一緒にバルバルスゲーして勝ち。

2戦目 黒白
身内戦、先行IGして2点までライフを削るもその後3コス2コスアリスと弱いパーツを引き続け、バルバルスが2枚落ちたあたりで負けました、最後のライフからラスト1枚のバルバさんがこんにちわ

結果1-1
ここでフリカの新規受け付けが終了、本線に向かうと新規受け付けがあと10分で締切&列がどう見ても10分待ちだったのでここでゼクストリームの対戦編が終了。4時の発表会まで身内何人かとフリーして、発表会へ
アニメの設定画や次のスターターなどいろいろ発表があったらしいですがフリーしててそれどころではない!
とまあ一日中ゼクスしてみんなでご飯いってからもゼクスの話で一日盛り上がって・・・常にゼクスのことを考えていた土日でした。





文句と戯言

正直言うと今回もイベントの進行はダメでした
HS中数回抽選が行われ抽選に当選すると今まで発売した製品版のフォイルカードを1枚プレゼントするというイベントがあったのですが・・・
抽選が始まり、当選者すべてにカードが行きわたるまで列の進行が止まり、最終的に会場の壁ずたいに一周するハメになりました
当日会場にいた方はわかると思いますが「ひどかった」の一言で片付くひどさでした

さらには連動キャンペーンの《ギコギコするクールビューティー》について
秋葉原に出店しているカードショップ8店舗と連動してプロモーションカードがもらえるキャンペーン
効果も強力でかなり需要が集まることが予想されるこのカード、もちろん私達(身内も合わせて6名ほど)
もゲットするためにカードショップへ足を運びました
会場の目の前にあるアメニティドリームをはじめ最後まで残っていた報告のある一刻館でさえイベント真っ最中の14時には完売したそうです。
ちなみに公式では

「秋葉原ゼクストリーム後にTCGショップにも寄って行こうかな…? などと考えている方に朗報!」

という売り文句での企画でした

もちろんゼクストリーム後に行ったんじゃ間に合いません、最速で開店15分でなくなるんですから
今回の新規プロモについては再録の予定をすでに考えているそうですが
入場者も予想を大幅に超えたりだとか少し運営が雑だったんじゃないでしょうか・・・?

これ以上はさらに戯言感が増すのでここで終わり。
次回はよいイベントになりますように。

第2回トレカの洞窟チーム戦

使用デッキ赤青ダハーカシェダル

1戦目 緑白黒@ガルマータ ○ 
先行、序盤IGが期待値道理出てくれて楽に戦えた

2戦目 青緑@フィーユ × 
後手相手の最速花蘇芳が連鎖していきなりリソースが3つ増えてからのフィーユ
何とか盤面を焼きに行くがその後もフィーユやアイヴィーを連打されて負け

3戦目 白黒@フィエリテ ×
後攻IG連続失敗からの3コス6枚連続引きをして頼みの休日のアトリアで5枚見るもIG0枚・・・何とか耐えて機会を待つも有効牌にたどり着く前に決着。

4戦目 黒単@クレプス ×
7連IG失敗5連失敗と繰り返すも相手がバルバにチャージを割いてくれたおかげで何とかゲームになっていた終盤、こちらライフ1デッキいっぱい相手ライフ2デッキ3枚、盤面には相手のカードがなく、こちらのゼクスがほとんど埋まっていてほぼ勝ちを確信したところ、1点を充てるとVBを捲られPS相手そのまま一点貰い負け。終始相手の運が勝ってた気がします

5戦目 赤単@無し ×
後手4キル。書くことないです


結果個人1-4 チーム2-3
チームの「○」「×」はうろ覚えだったので省きました
チーム編成は
赤青(自分) 1-4
青緑フィーユアサギ 2-3
黒緑プラセクト 4-1
でした

自分が5-0していれば優勝が見えていたスコアなだけに悔しいです
特に最初の一戦以外の引き捲りともに最悪でまともに戦えた試合がほとんどなかったのが悔しかったです。
今回は第2回ということで、これから第3回、4回と続くと期待しているので今後もっと練習しないといけないと思いました。



これを書いているのはゼクストリームのあと、帰宅した後なのですが・・・もう疲れたので明日!また明日ゼクストリームのことと。明後日は土日使った赤青デッキをさらにアップデートしたバージョンのレシピと解説を連日更新したいと思います。


それでは。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Token.

Author:Token.
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリ

未分類 (31)
遊戯王 (0)
雑記 (15)
アニメ (1)
音ゲー (0)
ゼクス (130)
モンドラ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。